bkkht(ブフト)/新作商品のご紹介

 

こんにちは。

 

印金沢店です。

 

今回は、bukhtより新作商品のご紹介です。

 

bukht
bukht

 

bukhtとは中東で良質なラクダの事を指し、人々の暮らしの中で非常に重宝される存在。

 

私共はブフトの様に人々に愛されるブランド創りと、様々な出会いを通じて一般的なドメスティックブランドの枠を越えた自由で、クリエイティブな場としてbukhtを立ち上げました。

 

これまでの経験と良質な工場を活かし、皆様のニーズに応えられるようなブランド創りに励んでまいります。

 


 

bukht(ブフト)/LINEN VEST

col:OAT

size:2,3

price:22,000+tax

近日WEB公開予定

 


 

bukht(ブフト)/LINEN VEST

col:BLK

size:2,3

price:22,000+tax

近日WEB公開予定

 

スタイリングはこちら♪♪

 


(身長:170cm 着用サイズ:2)

 

RACAL(ラカル)/ ROLL KNIT CAP

bukht(ブフト)/LINEN VEST

SUPERTHANKS(スーパーサンクス)/ LAYERED BIG SH

HIBECK(ハイベック)/ TUCK CHANGE TROUSERS

 


 


 

さて、いかがでしょうか?

 

気になる方は、お早めに、、、、。

 

それでは(^^)♪♪

ページの一番上へ

New Shop Open!! 龍馬通店 4/27(sat)


 

4/27(sat)

ちょうどゴールデンウィークの初日

京都に新たに店舗がオープン致します。

 

約5年もの間、多大なご愛顧を頂いた”mathematics京都店”

その存在、世界観をより一層感じて頂ける様、

メンズ店舗として移転リニューアルした店舗、

それが”印 河原町龍馬通店”となります。

 

 

京都にお住まいの方でも、、、龍馬通???

何処なのかあまりピンとこないかもしれません。

 


 

地図で示すとこんな感じです。

 

通称、”龍馬通”

坂本龍馬さんのゆかりの地みたいですよ。

興味のある方は調べてみて下さい。

 

お店の場所は、京劇があった場所(現在はホテル)の向かいといえば分かりやすいかもしれませんね。

河原町通から少し入った、大通りと比べ静かな場所でもあります。

また、木屋町通という繁華街が近く、

グルメな方、お酒好き、にもたまらない立地。

夜な夜な上手い酒を求めてさまよう人も多いのでは?

 

古きと新しき、喧騒と静寂、反する2つが入り混じった、

“京都らしい”場所

この場所で新たにスタート致します。

 

オープンを記念してイベントも用意中、

お取り扱いブランド、アイテムも含めて随時発信予定。

そちらをチェックしつつ、GW初日はぜひ遊びにきて下さい。

春の京都と共に楽しんでくださいませ。

 

<印 河原町龍馬通店>
〒604-8113
京都市中京区河原町三条下ル大国町44番地 VOXビル1F

ページの一番上へ

FILL THE BILL(フィルザビル)/ RAYON SILK SKIPPER SH

こんにちは、印 なんばパークス店です

 

FILL THE BILLより新作TEEが入荷致しましたのでそちらのご連絡です

 

 


 

 

FILL THE BILL(フィルザビル)/ RAYON SILK SKIPPER SH

COL:BEG,PRP,CHR

SIZE:1,2

PRICE:¥25,000+TAX

 

 

それではスタイリングです

 

 


 

 

FILL THE BILL(フィルザビル)/ RAYON SILK SKIPPER SH

 

NEON SIGN(ネオンサイン)/ DADDY BORDER L/S TEE 

 

Iroquois(イロコイ)/ BACK ZIP PT

 

PADRONE(パドローネ)/ DERBY PLAIN TOE SHOES

 

 


 

 

スキッパーデザインのゆったりとしたプルオーバーシャツ

襟のストラップは脱着可能で
インナーによって首周りのシルエット変更をお楽しみいただけます

 

 


 

レーヨンにシルク混の滑らか素材感で絶妙なドレープ感を演出

どのようなお洋服との重ね着でもしっかり存在感を示します

 

いかがでしょうか?

尚、こちらのお品物は少量入荷となりますので気になる方はお早めに

 

それではまた来週

ページの一番上へ

KENNINGTON(ケニントン)/ S/S SH

こんにちは。

西宮ガーデンズ店です。

本日ご紹介するブランドはこちら。

 

 


 

 

KENNINGTON(ケニントン)

1970年代に一世を風靡したカリフォルニアのシャツブランド。
クラシカルで緻密なグラフィックを現代的なシルエットにアップデートしたアイテムを展開。

 

 


 

 

KENNINGTON(ケニントン)/ S/S SH -MULTI- /-BLUE-

 

早速スタイリングに参りましょう。

 

 


 

 

KENNINGTON(ケニントン)/ S/S SH -MULTI-

HIBECK(ハイベック)/ WAIST ADJUST TROUSERS -BEIGE-

PADRONE(パドローネ)/ RICK PINKING LOAFERS -BLACK-

 

 


 

 

ボタンダウンデザインで特徴的な配色のハリのあるコットン生地の柄シャツ。

襟の形状が美しく、ジャケットのインナーとしても活躍するアイテムです。

 

 


 

 

パンツはウエスト両側にアジャスターが付いたトラウザー。

ラインを崩すことなくサイズ調整が可能。

テーパードシルエットで定番としてあらゆるスタイルに対応可能なパンツ。

 

 


 

 

いかがでしょうか?

 

また来週…

 

ページの一番上へ

masterkey(マスターキー)/ DEADMAN TEE

こんにちは

印 エキスポシティ店です。

 

今回ご紹介するアイテムのブランドは・・・

 


 

masterkey(マスターキー)

洋服の価値が見いだせない時代、切って、縫って、解いて、思案し、また縫って。

パズルの様に過去と現在をクロスオーバーさせNEW VINTAGEを構築していく。

 

 

アイテムがこちら・・・

 


 

DEAD MAN TEE

col : YELLOW , RED

size : FREE

price : ¥9,000+tax

 


 


 

 

それではスタイリング・・・

 


(  身長 / 168cm   着用サイズ / Fサイズ  )

 

masterkey(マスターキー)/ DEADMAN TEE -RED-

joint sign(ジョイントサイン)/ SIDE LINE PANTS -NAVY-

CONVERSE SKATEBOARDING(コンバーススケートボーディング)/ PRORIDE SK OX + -WHITE-

 


 

ドイツ軍のデッドストックのTシャツを大胆にカットし、

キュプラ生地とシャツ生地を合わせたデザイン。

デッドストックのレトロ感を大事に残しながら

今っぽさをプラスしたビッグTシャツとなっております。

 


 


 

脇のポケット口部分を大きく取ることでドレープ感と

絶妙な長さで使い易さを表現しています。

 


 

 

 

いかがだったでしょうか

本日はここまで

また来週。

ページの一番上へ

KUON -Tuck pants-




こんにちは!


nu茶屋町店+です。


今週ご紹介するのは、





KUON(クオン)


クオンKUON(クオン)は日本語の「久遠」、
「遠い過去または未来」「永遠」に由来しています。
世界中に存在する古着や古布の持つ歴史や文化を取り入れながらも、
その枠に捉われず、時代が巡っても変わらない、
理屈抜きのシンプルなカッコよさを追求することを
ブランドの真髄としています。
『新しいものは古くなるけれど 美しいものはいつまでも美しい』





KUON(クオン) / Tuck pants


COL:BEG


SIZE:S . M


PRICE:¥35.000-




コチラのアイテムを使ったコーディネートです。





178cm / 1  (スタッフ / アイテムSIZE)


BLURHMS(ブラームス) / Silk opencollar pattern s/s shirt


KUON(クオン) / Tuck pants


PADRONE(パドローネ) / Elmo






鹿児島県の奄美大島で行われている天然の染色方法、
テーチ木(車輪梅ノ木)で染色した後、
泥田に漬け込み全体に泥が馴染むように
何度も染めていきます。
この工程を経るうち、泥の中の鉄分と
テーチ木のタンニン酸が化合して変化し、
しっとりした深みのある光沢が出てきます。






ソールは合成クレープをベースに作られた
MADE IN JAPANクオリティのグリップ力に
優れたD.K.SOLEを採用。
程よいラウンドトゥが幅広いスタイルに
対応可能な1足。







いかがでしょうか!?


気になった方は、是非店頭までお越し下さいませ。


それではまた来週。

LATEST ARTICLES